ランキングコラム

更新日:2019/1/10
Potora事務局

Potoraの定理「マスクで困ることNo.1は○○である」

冬の必需品の1つである「マスク」。口元や喉の乾燥を抑えたり、咳やくしゃみでウイルスを撒き散らしてしまうのを防ぐ効果があります。
そんな頼れる存在であるマスクですが、着用し続けることで、普段の生活で違和感が発生してしまいがちです。呼吸が息苦しかったり、マスクのひもを引っ掛けている耳が痛くなる、といったことも、マスク着用時に困ってしまうポイントの1つです。
今回はPotoraの投票結果を元に、「Potoraの定理「マスクで困ることNo.1は○○である」を、勝手に“Pptoraの定理”として認定しちゃいます。1位になったのはどんな「マスクあるある」だったのでしょうか?

「マスク」をつけることで、何か困ることある?

1位
眼鏡が曇る
2位
息苦しい
3位
耳が痛くなる

4位以降のランキング結果はこちら!

■マスクで最も困ることは「眼鏡が曇る」である

マスクで困ること第1位は「眼鏡が曇る」(37%)でした。眼鏡を掛けていない人もいるにも関わらず、37%という高い割合を記録したということは、もしかすると眼鏡を掛けている人のほとんどが、この回答に投票した可能性も考えられます。
なぜマスクを着用すると、眼鏡が曇るのか? これは温かい吐息がマスクの鼻の隙間から抜け、外気に触れ冷え切った眼鏡のレンズに触れることで、寒暖差により結露が発生するため。つまり、鼻とマスクの間に隙間がなくなれば、レンズの曇りは防げます。最近では、この隙間が発生しないよう対策が施された「眼鏡が曇らないマスク」も発売されています。

おすすめ商品

原田産業
499円(税込)

「原田産業 メガネ男子の贅沢マスク クッション付き ふつうサイズ ブルー 10枚入」は、1日使いきりタイプの不織布マスクです。くもりガードクッションにより、メガネのくもりを軽減。99%カットフィルタで花粉・細菌・飛沫・ウイルス・PM2.5等の侵入をガード。やわらか素材で、心地よい肌ざわり。オメガプリーツで、広がる口元空間。

■マスクの根本的な問題「息苦しい」をどう解決するか

第2位は「息苦しい」(19%)でした。マスクは咳やくしゃみの飛沫が飛び散らないよう、かつ微粒子が入り込まないよう、鼻と口にフタをするような構造になっています。そのため、通常よりも呼吸が苦しくなってしまうのは、ある程度仕方のないことかもしれません。
対策としては、鼻や口の周囲にスペースを設けた立体型マスクや、呼吸しやすい繊維を採用したマスクを選ぶことが挙げられます。

おすすめ商品

日本バイリーン
397円(税込)

機能面だけでなく着用時の快適さも追及した高性能マスク!
マスク着用時の息苦しさ、わずらわしいメガネ曇りを解消するプリーツマスク。
■日本バイリーン特許技術の「トリボレックフィルタ」をマスクフィルタに採用することにより、PM2.5、花粉、ウイルス飛沫などを99%カット。
・一般的なフィルタに比べて目が粗い繊維に、強力着電処理を施すことでPM2.5などの細かい粒子をキャッチします。
■ふわふわとやわらかく肌にぴったりフィットします。

■「マスク自体が臭い」という意見も

少数派の意見としては、「ニオイ」を挙げる声もありました(7位・マスクが臭くなる 5%)。マスクはそもそも清潔なものなのに、なぜニオイが発生してしまうのか? 原因の一つに、口の中に存在する細菌が、湿度が高いマスク内の環境で繁殖してしまうことが挙げられます。マスク用の消臭スプレーや、ニオイが発生しにくいマスクを選ぶことが対策の1つといえるでしょう。

おすすめ商品

株式会社たかくら新産業
1,458円 (税込)

PERFECT POTION(パーフェクトポーション)シリーズのマスクスプレーは、自然化粧品の認証機関COSMOSを取得したナチュラルコスメで、天然成分100%のマスク用アロマスプレーです。
マスクスプレーならではの特徴はこちら。
・マスクをすっきりリフレッシュ!
春先、梅雨時期、秋口のグズグズの季節、冬の流行時期やマスクをリフレッシュしたい時にシュッとひと吹き!
・アロマの効果でリラックス!
マスクの着用を爽やかに演出する天然のブレンドアロマは、ブリーズイージー・リラックス・リフレッシュの3種類からお選びいただけます。
・ブリーズイージーはスーッと快適♪
レモンやユーカリ、ティーツリーなどのアロマをブレンドしたブリーズイージーは、スッキリ鼻に抜けるような爽やかな香り。スーッとした気持ちいい使用感です♪

今回は、「マスクをつけて困ること」を深掘りしてみました。これからの季節は、風邪やインフルエンザが流行します。マスクをつけて、しっかり予防しましょう。また、その他、気になるランキングの全結果は、こちらからチェックしてみてくださいね。

PR

ランキングを作成する

作成はこちら

pr

pr

pr

pr

pr