ランキングコラム

更新日:2019/5/9
Potora事務局

Potoraの定理「ご当地うどんといえば、○○うどんである」

日本には、全国各地に「ご当地グルメ」が存在します。そのバリエーションは本当にさまざまです。
たとえば「うどん」も、地域によって大きく異なります。麺が太いor細い、コシがあるorない、出汁が昆布orかつおorそれ以外……。改めて考えると、同じ「うどん」というカテゴリーでくくって良いものなのかどうかわからなくなってきました。
今回は、Potoraで行った「◯◯うどんで、思い浮かぶご当地うどんは?」というアンケート結果を元に、各地のうどんの違いを紹介します。
……っていうか、1位はだいたい皆さん想像がついていると思いますが、あの四国のうどんです。つまらないランキングで申し訳ありません! お題選定の担当者に文句を言っておきました!でも、読んだらうどんを食べたくなる文章にしたつもりなので、どうかPotoraを嫌いにならないでください!

◯◯うどんで、思い浮かぶご当地うどんは?

1位
讃岐うどん
2位
稲庭うどん
3位
その他

4位以降のランキング結果はこちら!

■1位はやっぱり、アレでした。

Potoraユーザーが選んだご当地うどん第1位は、やっぱり「讃岐うどん」でした。得票率は何と57%! 圧倒的な支持を集めました。
……とはいっても、知名度を考慮すれば、当たり前の結果といえるでしょう。今や讃岐うどんのチェーン店は、本場・香川県でなくとも、駅前でもロードサイドでも見かけるようになりました。
讃岐うどんの特徴といえば、柔らかくて弾力がある「コシ」です。しかし、“名産”“本場”“名物”“特産”の讃岐うどんを名乗るためには、公正競争規約によって、明確な基準が設けられています。その条件とは「香川県で製造」「手打ち」「食塩の量が小麦粉重量に対し3%以上」「ゆで時間が約15分」など多岐に渡ります。
(出典:https://www.jfftc.org/rule_kiyaku/pdf_kiyaku_hyouji/019.pdf)
讃岐うどんにこだわりたい人は、“本場”“名物”“特産”の文字が謳われた店や商品を選ぶのが良いでしょう。
それでは、この文書の下で紹介されている讃岐うどんは、一体どうなんでしょうか! ぜひクリックしてみてください! そして、せっかくだから購入してみてください! 宣伝です!(キッパリと)

おすすめ商品

大森屋S1/鎌田醤油株式会社
3,700 円(税込)

うどん県発・讃岐本生うどん麺がたっぷり6袋!さらにうどんと相性抜群の鎌田醤油のめんつゆ2種と、うどんをイメージした作ったかりんとうもセットにして、本場さぬきうどんを手軽にお楽しみいただけるうどん県セットです。

■2位は細くで平べったい、東北のアイツ!

Potoraユーザーが選んだご当地うどん第2位は、秋田県の「稲庭うどん」でした。さすがは、讃岐うどんと並んで「日本三大うどん」の1つに数えられるだけあります。
稲庭うどんの特徴は、細く、それでいて平べったい麺(平打ち麺)にあります。1本1本が太い讃岐うどんとは、見た目は全く異なりますが、その一方で、うどんらしいコシ(弾力)も兼ね備えています。
稲庭うどんの製法は、「手延べ」(手作業で麺を打つこと)が基本です。中には「稲庭“風”うどん」を名乗る商品もありますが、そうした“風”がついた商品は、恐らく一般的な稲庭うどんとは製法が異なると思われます。品質にこだわる場合は、手延べかそうでないかをチェックしておいた方が良いでしょう。
ちなみに、日本三大うどんの残りの1つは、稲庭うどんよりも幅広の平打ち麺が特徴の「きしめん」です。「○○うどん」という名称ではないため、今回のランキングには選択肢からは除外されていましたが、つまり、日本三大うどんのうち2つが平打ち麺ということになります。讃岐うどんも良いけど、平打ち麺のこともたまには思い出してください!(個人的に平打ち麺大好き)

おすすめ商品

秋田のグルメ・逸品 銘店 おばこ
5,400円(税込)

つるりと喉をすべるなめらかな食感。一本一本が永年の時を重ねた手づくりの芸術品。 七代佐藤養助は平成16年に厚生労働大臣表彰「現代の名工」にも選ばれ、その技術は誰もが認めるもの。
練る、綯う、延ばす。そのひとつの巧を受け継ぎ、万全な品質管理のもと うどんづくりの全ての工程は現在も職人の手で行われております。

■個人的には三重県のアイツがナンバーワン!

注目したいのは、4位の「伊勢うどん」です。得票率はわずか5%ですが、個人的に大好きなので、とても嬉しいです! 投票してくれた伊勢うどん派の皆さん、ありがとうございます!代表して感謝を申し上げます!全然伊勢うどん関係者じゃないけど!
伊勢うどんは、その名の通り三重県の伊勢地区で食べられているうどんです。Potora事務局担当者は伊勢神宮にお参りに行った時に、現地のうどん屋さんで初めて食べましたが、最初はその見た目にとても驚きました。讃岐うどん以上の太麺に、醤油のようなタレが軽く掛かっているだけ。しかも、具はネギのみ!あまりにもシンプルな見た目に、しばらく丼の前で呆然としていました。
でも、食べたらこれがオイシイのなんの……。あのフワフワの麺の食感、甘いようなしょっぱいような独特のタレは、伊勢うどん以外では経験したことがありません。
とはいっても、わざわざ伊勢うどんだけを食べに伊勢神宮に行くのも面倒くさい話です。……えっ? 以下のリンクから通販で買えるって? しかもPotoraポイントも貯まるの? いやぁ、こりゃコラム書いてる場合じゃない! すみませんけど、私が今から大量に購入しますので! 売り切れたらスミマセン! 讃岐も稲庭もいいけど、伊勢うどんがナンバーワンです!(※注:個人の主観です)

おすすめ商品

(株)みなみ製麺
2,279円(税込)

伊勢うどんの地元で愛される、定番の伊勢うどん+生卵
地元ではトップブランドの南勢養鶏の新鮮卵を使用。
卵は初めに入れても後から入れてもおいしく召し上がっていただけます。
伊勢うどんのまた違った魅力を感じて頂く事ができるセットです。

今回は、「ご当地うどん」について深掘りしてみました。また、その他、気になるランキングの全結果は、こちらからチェックしてみてくださいね。

PR

ランキングを作成する

作成はこちら

pr

pr

pr

pr

pr