ランキングコラム

更新日:2019/3/14
Potora事務局

Potoraの定理「2019年最も気になるイベントは○○である」

2019年がスタートしてすでに3カ月が経ちましたが、今年はこれからまだまだ大きなイベントが予定されています。たとえば4~5月には、ゴールデンウィークの「10連休」がありますし、9月にはラグビーのワールドカップが国内12都市で開催されます。
これから2019年に起こるイベントの中で、最も注目度が高いものは一体何なのでしょうか? 今回は、Potoraで行ったアンケートを元に「2019年最も気になるイベントは○○である」を、Potoraの定理として、勝手に決めちゃいます。Potoraユーザーが選んだ“2019年最大のイベント”はどれになったのでしょうか?

今年予定されている出来事で、特に気になるのは?

1位
平成の終わり、新元号の誕生
2位
消費税が10%に増税
3位
特になし

4位以降のランキング結果はこちら!

■2019年、最も気になるイベント No.1は「新元号の誕生」である

2019年、最も気になるイベントのNo.1に輝いたのは「平成の終わり、新元号の誕生」でした(31%)。1989年から31年続いた平成の時代は、4月30日で幕を閉じます。そして5月1日から、新しい元号がスタートします。
新元号は5月1日から始まりますが、新元号の発表自体は、4月1日に先立って行われることが、すでに新聞等で報じられています。つまり、新元号の発表からスタートまで、1カ月の準備期間が設けられることになります。
新元号が何になるか、ネットやSNSではさまざまな予想が繰り広げられています。その中で信憑性がありそうなのが「新元号は、頭文字のアルファベットが過去の元号とカブらない説」。確かに過去を見ると、明治(M)→大正(T)→昭和(S)→平成(H)と、見事にカブっていません。サ行、タ行、ハ行、マ行がすでに使われているということは、残るはア行、カ行、ナ行、ヤ行、ラ行、ワ行となります。
一体、新元号は何になるのか? 4月1日を待ちましょう。

おすすめ商品

CCCメディアハウス
1,080円(税込)

世界情勢と同時に、国際的な視点から日本を報じてきた『ニューズウィーク日本版』。バブル崩壊、政権交代、大震災など平成の31年間の記事を厳選し、当時の表記やデザインをほぼ忠実に再録する。【「TRC MARC」の商品解説】

■平成とともに誕生した消費税も、今年で10%に成長しました(皮肉)

2位には「消費税が10%に増税」(23%)が入りました。2019年10月より、税率が従来の8%から10%に上がります。
消費税は、元号が平成に変わった1989年に初めて導入されました。当初の税率は3%でしたが、1997年に5%に引き上げられると、2014年には8%にさらにアップ。そして今回、10%ということになります。
ですが、実はすべての商品が10%にアップするわけではありません。実は増税と同時に軽減税率制度も導入され、食料品や新聞など、一部の生活必需品については、8%のままとなります。さらに政府は増税分、またはそれ以上をポイント還元する制度も導入を進めています。
「そんな対策をするくらいなら、最初から10%にアップする必要はないじゃないか」ともツッコミたくなりますが、しばらくは8%のまま支払える手段が用意されることは確かです。制度がスタートする前に“抜け道”を見つけてのを忘れないでおきましょう。

おすすめ商品

大村大次郎/ビジネス社
1,296円(税込)

話題のロングセラー『完全図解版 あらゆる領収書は経費で落とせる』の続編!
会社員も自営業も確定申告を知らなすぎる!
この裏ワザで誰もが税金を取り戻せます。

■Potoraユーザーはスポーツに興味がない?

新元号、消費税増税に続く3位に入ったのは、何と「特になし」。得票率も16%で、4位の「ゴールデンウィーク10連休」(7%)を大きく上回りました。
一方で、スポーツ関連のイベントは軒並み低調。5位の「ラグビーW杯」(5%)、8位のサッカー女子W杯(2%)、9位の「新国立競技場完成」(2%)と、いずれも得票率1ケタ台となりました。“Potoraユーザー、スポーツに興味なさすぎじゃない!?”と思いましたが、2020年に控えた東京五輪のインパクトが大きすぎるのかもしれません。
ですが、ラグビーW杯にもサッカー女子W杯にも、日本チームは出場します。特にラグビーは、日本のスタジアムで試合が行われます。現在もチケットは販売中。W杯は4年に1度ごとに開催されますが、次に日本で杯が開催されるのはいつになるかわかりません。特にすることがないのであれば、このビッグウェーブに乗ってみてはいかがでしょうか。

おすすめ商品

李淳いる, 林雅人/成美堂出版
1,080円(税込)

「ルールの基本」から「試合のみかた」「プレーの意味」「チームスタイルの見抜き方」まで。15人制・7人制どちらのみかたもわかる!

今回は、「2019年気になるイベント」について深掘りしてみました。また、その他、気になるランキングの全結果は、こちらからチェックしてみてくださいね。

PR

ランキングを作成する

作成はこちら

pr

pr

pr

pr

pr