増税前だけじゃない! 家電を買うなら9月がベストな理由

 9月は家電の“買い替えシーズン”と呼ばれることが多い。なぜなら、秋シーズンの新モデルが発売される影響で、量販店では旧モデルが値引きされることが多いからだ。しかも今年は"消費税の増税"という出来事もある。今回は"家電を買うなら9月中が良い"理由を解説する。

なぜ今年の9月は「家電の買い替えのシーズン」なのか?

モデルチェンジ時期

 日本の家電業界では、冷蔵庫や洗濯機など多くの家電製品が9月に値下がりする傾向にある※。その理由は、8月までに新商品が発表され、10月以降に発売が開始されるケースが多い(モデルチェンジ)ためである。販売店側は、従来まで新製品として販売していた家電を、10月までに売り切るために販売価格を値下げをするのだ。
 そんな傾向に加えて、今年は10月1日から消費税増税が予定されている。つまり、今年の9月は家電のモデルチェンジによる値下げと、増税前に「消費税8%」で家電を購入できるタイミングが重なるので、「家電を安く購入するのに適したシーズン」なのだ。

※Potora事務局調べ。ジャンルによっては、9月以前/以降がモデルチェンジとなる家電製品もあります。

モデルチェンジによる値下げと増税前のタイミングが重なるから

増税で負担額はどれだけ変わるのか?

 

 そんな“家電の買い替えシーズン”である9月は、10月1日からの消費税増税を前に、「消費税8%」で家電を購入するラストチャンスだ。しかし、実際に消費税8%と10%で、我々消費者が負担する額はどれだけ差があるのか?
 価格が20万円のドラム洗濯機の場合で考えてみよう。9月中に購入すれば、消費税額は16,000円なので、合計額は216,000円。一方で、10月以降に購入すれば、消費税額は20,000円なので、合計額は220,000円となる。差額は「4,000円」。

20万円のドラム式洗濯機の場合

同じモノを買うとしても、負担額は確実に高くなる。

家電は今年9月中に買おう!
買うならPotora経由のビックカメラ

例えば東芝の冷蔵庫「ベジータ※1」を買う場合…

例えば東芝の冷蔵庫「ベジータ※1」を買う場合…

※1商品は「GR-P41G-S 冷蔵庫 ベジータGシリーズ片開きタイプ」 ※2ポイント還元分を差し引いた実質価格

Potoraコラム

「軽減税率」が適用されるジャンルは?

 10月1日より消費税増税が予定されているが、一部には現行の8%のままのジャンルもある。例えば、酒類・外食を除く飲食料品は10月以降も8%のままだ。さらに、店のテイクアウトや出前等も8%だ。一方で、レストランやフードコートでの食事のように、「外食」にあたるものは10%に増税される。しかしながら、コンビニで買って家で食べる場合は8%だが、コンビニのイートインの場合は10%となる場合もあるため、「外食」か否かの線引きは非常に難しい。判断に迷ったら、店員に確認しよう。なお、家電は基本的に対象外なので、家電は9月中に買おう。

軽減税率の対象となる品目

軽減税率の対象となる品目

家電を買うなら、今年の9月中
しかもPotora経由で!

 

 これから家電を買い替えるのであれば、業界的に家電が安くなりやすく、かつ消費税増税前の9月中に済ませておくのが良いだろう。Potoraを経由すれば、9月中でも10月以降だとしても、Potoraポイントも加算される。

ビックカメラバナー

ビックカメラ.com
ご購入金額の

0.5%

1.8%

ポイントGETはこちら!

当ページ上の掲載情報について、全ての情報の正確性および完全性を保証するものではありません。あらかじめご了承ください。